Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

骨延長

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は japan@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

モンゴルからの下肢不同患者

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル


モンゴルから来たかわいい女の子の患者さん!
彼女は当院DALRIで下肢不同(両脚の丈長差)を治療するため、イリザロフ(外固定式)による脚の延長手術を受けました。

この少女は生まれた時から脚の長さの違いに苦しんでいて、一生補助器具を着用しなければなりませんでした。彼女にとっては家の中を歩き回ったり、友達と外で遊んだりするのも大変でした。

手術回復の後、彼女は母親としてとても幸せです。
ミシェルがモンゴルに帰って一番会いたい人はお父さん!

動画をお楽しみください。

延長手術におけるストライドネイルのイッシュに関して

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1
2
3
4
5
6


この動画でイドンフン博士は今問題になっているストライドネイルイッシュについて彼の意見を話しています。ご存知の方もいると思いますが、これからの延長手術にストライドが使われるかどうか動画をご覧になって一緒にお考えください。

脚の骨延長で身長6.5cmを伸ばしてから3ヵ月後の歩行

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1
2
3



LONで7cm身長手術第2話

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

2

第1話から第2話へ続きます。
彼女は自信を得てとても幸せで、もう臆病ではありません。
将来の仕事に集中することを楽しみにしています。
彼女のご多幸を祈ります。

LONで脹脛を7cm延長!!

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1

脚の延長手術患者 第1話

この患者さんは成長しないという珍しい病気であり、
成長ホルモン療法の特定期間を逃してしまいました。
しかし、イドンフン博士に脚の身長手術を受けて、身長が伸びることができました。

彼女はもっと安い値段で他の病院で手術を受けることもできましたが、
より質の高い手術のためにDALRIを選び,自分の決定にとても満足しています。

インタビューをお楽しみください。

記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード