Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

脚変形の矯正

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は info@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

脚手術の職人が教えてくれる曲がった脚の矯正手術3つ!

画像引用:李東訓博士の言中有骨ユーチューブチャンネル

脚矯正2
脚矯正4
脚矯正3
脚矯正5
脚矯正6
脚矯正7


脚手術の職人が教えてくれる曲がった脚の矯正手術3つ!
近位脛骨切骨術、回転/角度同時矯正術、イリザロフ手術についてお話します。


普段脚の形のせいで脚が見えることにストレスのある方が大勢いると思って、まっすぐな脚になれる手術をまとめてみました。
ネットで検索できる曲がった脚の矯正ストレッチや矯正法などは一時的な'錯覚'からの効果ですので、根本的な矯正をお望みの方は一度ご参考程度でこの映像をご覧ください。


膝関節炎で曲がった脚を矯正術ーレビューインタビュー

関節炎О脚2

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

 

膝関節炎で来ましたが、関節炎がありながら脚がひどく曲がっていた方です。

普通関節炎があればオー脚が伴いますが、特にひどく曲がっていて、また関節炎はひどくなったらオー脚だけじゃなく膝が完全に伸ばせないいわゆる屈曲変形という変形まで伴って、膝を完全に伸ばせないからびっこをひいてくという状態で来ました。

関節炎О脚

関節炎でオー脚を手術する目的が脚を綺麗にするの目的ではないけど、結果的には脚を綺麗にしてこそ痛みもなくなる二重効果を持っています。


膝蓋骨脱臼と複雑変形矯正手術のケースをご紹介します。

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル서지영님2

先生に膝蓋骨脱臼と曲がった脚の矯正術を受けた方のストーリーです。

彼女は膝蓋骨脱臼があったことも知らず曲がった脚の矯正術を受けに来ました。

彼女が先生にってのは2017年で、ただ脹脛だけ曲がっていると思ってましたが、太ももも曲がっていて、膝蓋骨も脱臼していて脚の状態を初めてわかったそうです。


서지영님3

外から見て同じ曲がった脚でも、分析してみたらすごく色んな多様な種類の変形があります。

この方のレントゲンを見ながらもう一度説明します。

レントゲンを見ればやっぱり全体的に脚がO型に曲がっています。

しかしこの方はただの普通のО脚ではないんです。関節線もすごく傾いています。

この方の場合変形の位置がここ太ももにも変形があって脹脛にも変形があります。

ただ角度だけ曲がっている変形ではなく、太ももにはX脚があり、回転変形が一緒にあります。

脹脛の骨はО脚と回転変形が一緒にあります。

それで、それぞれ太ももの骨と脹脛の骨の変形が二つずつある複雑な変形だと言えます。

こういう場合は膝蓋骨の位置がすごく悪い可能性がとても高いです。

こういう方が膝蓋骨脱臼になったら、いくら内側に靭帯を作っても脱臼になりがちなそんな習慣性、再発性膝蓋骨脱臼になる典型的なケースです。

 

서지영님4

この方の場合は単純なО脚ではなくこんな複雑な変形を持つ方でした。

こういう場合にはそれぞれの変形を全部調整しなきゃならないので、右側の手術したところをみると、角度も曲げましたが、回転、曲がっているのも曲げ直し、もう手術して脚がまっすぐになりました。

こんなケースはただ脚だけまっすぐになったわけではなく、この四つの変形を全部矯正したのです。

서지영님5

これは左側まで手術した後の姿です。

ただ外から見たときは ‘こんなО脚がまっすぐに矯正した’とだけ見えますが、その中には本当に複雑な変形矯正が入ったのです。


서지영님6

レントゲンを見ますと、さっきの傾いていた関節線が両方ともまっすぐになって、そしてさっきこの膝蓋骨脱が傾いていたのがちゃんと正しい位置に入っています。

この方の場合は色んな変形を同時に矯正することで外からはただО脚が矯正して美容的にもとても良い結果を得ることができましたし、また大事なこととして未来的に関節炎を予防するという‘二つの効果を同時に得ることができた’とも言えます。


서지영님7

彼女は手術前には本当はとても心配していて、なんといっても大手術だったから“どうしよう”、“うまくいくかな”とかみましたが、実際にやったら“我慢できる程度だった”と言っています。

き方もちょっと正しくなったようでしたし、長い時間いてもそんなにしんどくないし、座っているとき脚が普段開いていて、座っても開いているのですが、もう今はちゃんと座れるし、そういうのがとてもよくなったと言っています。




O脚手術症例のユーチューブを紹介します。

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

 휜다리1

今日は曲がった脚、О脚の矯正手術症例の一つを紹介したいと思います。

こちらの方は全体的にO脚を持ってらっしゃるのが見えます。

O脚は脚がO字型に曲がっています。

 

휜다리2

これは手術の後です。

傷痕をみればわかりますが、傷痕がとても小さいです。

手術して間もないので色素沈着があってまだ見えるのです。

 휜다리3

これは手術前のレントゲンで、O脚が見られます。

この方の変形を分析したら、曲がっている部分が近位脛骨した。

こんな変形を矯正する手術を近位脛骨切骨術と言います。 O脚を矯正する手術的方法の中で最もたくさん使われている手術方法の一つです。

 휜다리4

これは手術後のレントゲンです。これが近位脛骨切骨術です。

大腿骨頭の中心から足首関節の中心まで引かれてあるこの線が力学的軸なんですが、

手術前には軸が関節の中心から大分内側に通ります。かなり内側です。

手術後には、力学的軸が膝関節の中心に行ってあります。これがO脚手術の効果なんです。

O脚手術は見た目的(美容的)にも良くなりますが、.長期的に見て膝の関節にもいいです。

 휜다리5

手術の傷痕を見てみましょう。これは他の病院からの傷痕で、そして我が病院からの傷痕です。

見ての通りほんの小さな傷痕です。

これは単なる傷痕の大きさの問題ではないのです。軟部組織の損傷に関する問題でもあります。

それで、今日皆さんにお伝えしたいことを要約すると、

一つ、最小切開は切開の大きさだけの問題ではなく、最小侵襲手術になるべきです。

それは、手術中に組織の損傷を最小限にし手術をできるだけ安全にするということです。

そして医師はできる限りの小さい切開をするため骨の安定性を妥協してはいけません。

切開を最小化しながら、最大の固定力を得るのがとても大事です。

今日は近位脛骨切骨術を使ったO脚矯正手術の症例を一つ紹介しました。

最小切開は組織に最小侵襲にならないといけません。

そしてそれが固定の安定性や手術の質を落としてはいけません。


下肢不同(脚長差)でプリサイス太もも手術

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル
송희영님인터뷰1

脚長差(下肢不同)で左大腿をプリサイス手術し2.35cmの伸ばした方のインタビューと症例映像です。

 

송희영님인터뷰2

この方の場合は幼い頃に怪我をしてできた脚長差(下肢不同)です。

幼い時交通事故やそれともある原因によって骨端線が損傷を受けるとりの成長期間の間、ちゃんと成長できなくて片方の脚が短くなる場合があります。

この方はそういうケスでもちろん脚長差(下肢不同)には骨端線損傷のためにできる場合もありますが、何らかの理由もなくできる場合もあるしそれとも先天的な奇形、いろんな原因によって脚の長さは差があるかもしれません。

また他の原因は最近人工節をしながら人工節の手術を受けた脚が長くなるのも最近人工節をたくさんやるので原因になれます。

この方は2.5cmの差なので多くはありませんが、太腿でできた脚長差(下肢不同)でした。

この方のレントゲンを見ながらご明いたします。

 

송희영님인터뷰3

これは手術前の全身レントゲンですが、このレントゲンは体全体を撮ったレントゲンです。

それで脚の方だけ大してみるとこちらに以前骨端線が損傷された痕跡があってそれでこちらの太腿の骨が短くなりました。

脚の長さが違ってこういう方は骨盤が傾いてこれで長い時間がつと腰が歪んで生活するため、時間がちながら腰の痛みが始まって後では腰の節炎がきます。

またこちらに力をたくさん受けるから股節の可能性もあるし膝も影響を受けます。

それで脚長差(下肢不同)はすべての節が影響される疾患と言えます。

 

송희영님인터뷰4

この方はプリサイスで手術しましたが、これが手術直後の姿で、その次に手術して6週目のときの延長が全部終わった態で、その次に11週がすぎ、約3ヶ月になってません。

骨がまだ100%元の態ではありませんが、けるようにはなって今日の皆さんがごになった動「あんなにびっこをひいてくかな」と考えるかもしれませんが、延長を終えてだんだん正常的にけるようになります。

 

太腿プリサイスの傷跡がどれほどできるのかになると思いますが、お見せします。

송희영님인터뷰5

これがプリサイスが入るための傷跡が2cmほど、2cmにもなってませんよね。

もちろんこれは者によって傷跡の大きさはそれぞれです。

イドンフン先生が出した傷跡はプリサイスが入るための最小限の傷跡だと考えればいいです。

傷跡が小さいからって手術が上手いとは言えませんが、最小限の切開で正確に手術できればそれが最高です。

太腿の長さの差をプリサイスで治療した症例をお見せしましたが、脚長差(下肢不同)治療はする前と後の人性が完全にわる治療です。

手術までにはびっこをひいて腰が痛くいろんな問題が多かった体が、治療後には完全に正常的にる本にいい治療方法があることを話しました。

今まで本にたくさんの脚長差(下肢不同)を治療してきたし、また現在も当院で脚長差(下肢不同)でプリサイス治療を受けている方が本多いです。


記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード