Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

脚長差の矯正

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は japan@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

屈曲変形(曲がった脚)の矯正手術-再手術症例

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1
2
3
4
5
6
7
8

この患者さんは、1手術内反膝転変形屈曲変形同時矯正しました。

 

彼女過去延長手術け、さの不一致治療しましたが、変形問題解決することができませんでした。

 

現在彼女はイドンフン院長の手術けたのように健康できれいなになったことを非常しくっています。

彼女せと感謝の気持ちを伝えてくれました。インタビュしんでください!




STRYDEで下肢不同を治療

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

3

この患者さんは、脚長差(下肢不同)治療するために、STRYDEによる延長手術けました。

延長目標5cmで、現在延長中術後4週目)です。

彼女はかなりちゃんといています!



PRECICEを使って、下肢不同を治療したケースです

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1

2人目の子供を出産した後、
この患者さんは腰にますます痛みを感じていました。
調べてみると、両足の長さが3.8 cmも違っていることがわかりました。
普段片方の靴に高めのインソールを入れて維持することしかできませんでしたが、
それが分かってから彼女は劣等感を感じ、見られることを気にかけていました。
その後、彼女は李東訓教授に出会えました。
教授の治療で、彼女は回復し、自信を持ち戻しました。

プリサイスで下肢不同を治療しました!

2
1


画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

この患者は下肢不同のため、脚が短く、背骨が曲がっていました。
骨盤も片側に傾いており、年をとるにつれて腰が痛くなりました。
ソウル大病院の医師にも「いい選択だ、最も信じられる医者だ」と言われて、
イドンフン先生のことを信じて手術を受けたと言う彼女のストーリーをご覧ください。


3.4cmの下肢不同の治療



画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

최유준님유튜브2

この患者はLLD(下肢不同)が3.4cmで、それを治療するために短い方の脚を3cm長くしました。
足の長さの不一致を治療するだけでなく、患者の身長も3cm延長しました。
最初、患者は下肢不同を治療するための手術を受けることについて確信が持てませんでしたが、
それを受けた後、彼は結果に非常に満足しており、イドンフン先生にとても感謝しています。
記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード