Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

身長手術後に気を付けること

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は japan@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

脚の骨延長で身長6.5cmを伸ばしてから3ヵ月後の歩行

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1
2
3



脚の延長手術後の運動能力

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

1
2
3

この患者は外固定で脛骨が7cm延長しました
彼の術後の運動能力の回復を動画でチェックしてください!

自家隔離の方、注目!骨の健康、骨に致命的な悪影響及び予防法

自家隔離1

画像引用:李東訓博士の言中有骨ユーチューブチャンネル


最近コロナ19事態後、病床不足現象で自家隔離の方がもっと多くなりそうですね。
隔離者は独立された空間で一人で生活しなければなりません。
その為、運動不足や栄養供給がまともにできない可能性が高いでしょう。

自家隔離2
自家隔離3
自家隔離4

こういう環境は我々の骨の健康にとても悪い影響を与えます。
骨の健康のためには献立管理や運動に気を使ってください。
皆さんの健康を祈ります。コロナ19の早い終息を願います。



李東訓骨延長再建病院  https://drdonghoon.com/ja/
ツイッター @drdonghoonlee
ブログ http://drdonghoon.blog.jp
LINEの公式アカウント  https://lin.ee/rQPZ73R

プリサイスで骨延長後SwimEx治療の映像

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

윤혜진님


四肢延長術で身長手術だけではなく今までのレビューインタビューで見ての通り
下肢不同、切断危機の骨延長などでスイムエックスの水中理学療法は
最も効果的で速い成果を見せてくれるリハビリ治療です。
交通事故以降26cm骨延長をした男性の方も、ポリオ下肢不同の中年の女性の方も、下肢不同で曲がった脚の男性の方も
みんな水中理学療法に感嘆していました。
これは体重負荷のできない身長手術プリサイスでも適用されます。
SwimExのプールの中でこんなに多様な動作で筋損失を予防し、
柔軟性を育んで「歩ける」ということを体感しながら、
心も体も最も楽しいリハビリ運動をされます。
それだけではなく、O脚、X脚、反張膝のような曲がった脚の矯正手術を受けた方も
日常復帰を早める為の効果的な水中理学療法です。
脚の形と長さを変える手術は手術だけではなく以降のリハビリもとても大事であるだけ、
李東訓骨延長再建病院のリハビリのレベルはもう既に世界的に独歩的な位置を占めています。



イドンフン先生のインスタグラム https://www.instagram.com/drdonghoonlee/
イドンフン先生の言中有骨 https://www.youtube.com/channel/UC1yc...
キクサ(Naverカフェ) https://cafe.naver.com/limblengthening
李東訓骨延長再建病院ホームページ https://drdonghoon.co.kr/
メールのお問い合わせ info@drdonghoon.com

骨延長でもっとも大事な最小侵襲

今日は身長手術後できる傷痕についてお話します。

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

脚全般にどの位置にどの大きさでできるというのは、手術を受けた患者さんたちのプライバシーのに詳しくはお話しできませんが、傷痕の大きさも大事だけど、傷痕の大きさが持つの意味を皆さんに分かってほしくて説明します。

傷痕の一番小さいのは太もものプリサイス、またはストライドの傷痕が一番小さいです。

一番小さい理由は太ももを手術すると傷痕が全部太ももを外側にできます。

前からや後ろから見た時、傷痕が見えないのでそういう面で有利でまた傷痕の大きさもまた小さいです。

もちろんこれは医者によって違うでしょう。

当院の場合はプリサイスやストライドが入るためのその入り口、その傷痕が約1.5cmくらいになります。

つまり、(直径)約10.7mmくらいのネイルを使いますが、使うネイルよりも小さいプリサイスが入るくらいのそれだけ開くということです。それは容易いことではありません。

これ以外は1cm、1cmにもならないので、時間がてばこういう切開の傷痕はほとんどりません。

脹脛の場合は外固定を使う速成延長もできますし、プリサイスを使うことだってあります。

もちろんプリサイスが傷痕の面からはとても有利で、金属の棒が入るための入り口、入り口の場合は

当院では大抵1.5から2cmくらい開いてします。

ピンでできる外固定の傷痕はそのピンを通して延長する為このピンが皮膚を破って行きます。

そのため肌質がとても柔らかい方はこういう外固定の傷痕もほくろみたいに小さくできますが、肌質が固い方特に男性の方の場合には肌がよく伸びずピンがこう破って行くのでこれが長くできちゃうこともあります。

それで外固定の傷痕の場合は人によってこれが大きくなることも小さくなることもあります。

プリサイス手術みたいに切開傷きれいに開いてきれいに縫うこれよりかは傷がたくさん残る、

とわかってください。

 최소침습2

この方の場合は脹脛プリサイス手術をして(固定を)くためにた方です。このように小さい写真でお見せするのは傷痕の位置を正確に見せないようにするためです。

色素沈着が早い方はこんなふうにあまり見えません。최소침습3

これは太もも手術をして固定を抜くために来た方ですが、傷痕がよく分かりません。

최소침습4

この方の場合太もものプリサイス手術をした方で、これが太もも手術してったプリサイスが入った入り口です。ごの通り1.5cmにもなりません。こんな小さな傷痕だけで手術します。

최소침습5

こちらは当院で手術受けて骨が固まるのを待っている方です


それで我々が手術する時に
MISとよく言いますが、Minimal Invasive Surgery最小侵襲手術と言います。最小侵襲なので傷痕が小さいのは当然です。

しかし、傷痕を小さくしただけでそれが最小侵襲手術ではありません。

最小侵襲手術は言葉通り Minimal Invasive体の皮膚だけではなく、その中の組織にも一番損傷を小さくえる手術こそMISになるのです。

しかし傷痕は小さかったけれど、骨が曲がって靭帯損傷もえては「傷痕が小さい」だけで、それは Minimal InvasiveではなくMuch Invasive Surgeryだと言えます。


記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード