Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

身長手術後に気を付けること

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は info@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

最小侵襲

今日は身長手術後できる傷痕についてお話します。

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

脚全般にどの位置にどの大きさでできるというのは、手術を受けた患者さんたちのプライバシーのに詳しくはお話しできませんが、傷痕の大きさも大事だけど、傷痕の大きさが持つの意味を皆さんに分かってほしくて説明します。

傷痕の一番小さいのは太もものプリサイス、またはストライドの傷痕が一番小さいです。

一番小さい理由は太ももを手術すると傷痕が全部太ももを外側にできます。

前からや後ろから見た時、傷痕が見えないのでそういう面で有利でまた傷痕の大きさもまた小さいです。

もちろんこれは医者によって違うでしょう。

当院の場合はプリサイスやストライドが入るためのその入り口、その傷痕が約1.5cmくらいになります。

つまり、(直径)約10.7mmくらいのネイルを使いますが、使うネイルよりも小さいプリサイスが入るくらいのそれだけ開くということです。それは容易いことではありません。

これ以外は1cm、1cmにもならないので、時間がてばこういう切開の傷痕はほとんどりません。

脹脛の場合は外固定を使う速成延長もできますし、プリサイスを使うことだってあります。

もちろんプリサイスが傷痕の面からはとても有利で、金属の棒が入るための入り口、入り口の場合は

当院では大抵1.5から2cmくらい開いてします。

ピンでできる外固定の傷痕はそのピンを通して延長する為このピンが皮膚を破って行きます。

そのため肌質がとても柔らかい方はこういう外固定の傷痕もほくろみたいに小さくできますが、肌質が固い方特に男性の方の場合には肌がよく伸びずピンがこう破って行くのでこれが長くできちゃうこともあります。

それで外固定の傷痕の場合は人によってこれが大きくなることも小さくなることもあります。

プリサイス手術みたいに切開傷きれいに開いてきれいに縫うこれよりかは傷がたくさん残る、

とわかってください。

 최소침습2

この方の場合は脹脛プリサイス手術をして(固定を)くためにた方です。このように小さい写真でお見せするのは傷痕の位置を正確に見せないようにするためです。

色素沈着が早い方はこんなふうにあまり見えません。최소침습3

これは太もも手術をして固定を抜くために来た方ですが、傷痕がよく分かりません。

최소침습4

この方の場合太もものプリサイス手術をした方で、これが太もも手術してったプリサイスが入った入り口です。ごの通り1.5cmにもなりません。こんな小さな傷痕だけで手術します。

최소침습5

こちらは当院で手術受けて骨が固まるのを待っている方です


それで我々が手術する時に
MISとよく言いますが、Minimal Invasive Surgery最小侵襲手術と言います。最小侵襲なので傷痕が小さいのは当然です。

しかし、傷痕を小さくしただけでそれが最小侵襲手術ではありません。

最小侵襲手術は言葉通り Minimal Invasive体の皮膚だけではなく、その中の組織にも一番損傷を小さくえる手術こそMISになるのです。

しかし傷痕は小さかったけれど、骨が曲がって靭帯損傷もえては「傷痕が小さい」だけで、それは Minimal InvasiveではなくMuch Invasive Surgeryだと言えます。


下肢延長術後のリハビリ運動の方法(2)

一人運動をなさる役立方法をおえしましょう。重要なことは々人状態わせて運動強度種類いがありますので、ここでご説明する運動条件にただ従えいというものではありません。々人状態運動は、治療がおえできます。

下肢延長術にはリハビリ運動重要です。重要つのは、関節運動範維持(仙腸関節、膝関節、足首関節)させ、筋肉維持(ももの運動)することにあります。筋力維持して関節まるのをぐためには、ての運動最低限一日一回以上運動をしなければなりません。頻繁に運動するほど良いです。関節運動をしないと、周辺筋肉が短くなった状態で固まってしまい関節の運動範囲を減少させて、結局はそれ以上に骨を伸ばすことができなくなる結果を招きます。骨を伸ばすためには、周囲の筋肉、神経、血管、皮膚なども同時に伸びていかなければならないため、ストレッチ運動が必要になります。

また、新しく生まれた骨の成長を促進させるには体重を踏み込むことが必須であります。(PRECICEの場合は例外です)創外固定器を装着したまま体重を踏み込むことを恐がらないでください。心配せずに体重を踏み込めるように手術できています。

ストレッチ運動をする際に正常な反応とはストレッチされる筋肉が引っ張られる感覚を感じます。もし過度に痛みがあったり、特にしびれたり、筋力が低下してしまったり、感覚が鈍くなったり、または足の方へ延び下がる電気が走るような痛みが生じたら、ストレッチ運動を中断して医療陣に伝えて下さい。また、お尻の関節、膝関節および足首関節の運動範囲を注意深く観察した後、万一に曲がって伸ばす角度が狭くなった場合には、すぐに医療チームに伝えなければなりません。

1.太もも前方
筋肉
(大腿四頭筋)の強化

①大腿四頭筋、セッティング運動

肘を支えに横になり、足首を顔の方向に最大限に反らしながら、太ももの前方の筋肉に力を入れ、脚をぐっと伸ばして1015秒ほど最大限に力を入れて維持します。足首を顔の方向に曲げて、膝は完全に伸ばした状態で運動することが重要です。この際にお尻の筋肉にも同じように力を入れると良いでしょう。
大腿四頭筋,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術1

②膝を完全に伸ばす;サンドバック

膝の下に太い枕などを挟んで、太ももの前方の筋肉に力を入れ膝をしっかりと伸ばした状態で1015秒ほど最大限に力を入れ維持します。足首を顔の方に曲げて、膝を完全に伸ばした状態で運動することが重要です。

膝,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術2

③座って膝伸ばし;サンドバック、ゴムベンド

ベッドに腰掛けて太ももの前方の筋肉に力を入れ、膝をしっかりと伸ばした状態で1015秒ほど最大限に力を入れ維持します。足首を顔の方に曲げて膝を完全に伸ばした状態で運動することが重要です。

膝,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術3

2.太もも前方筋肉のストレッチ

④空飛ぶスーパーマン;ゴムベンド

伏せた状態で足首を手でつかみ引っ張ったりbandを利用して引っ張ります。太ももの前方の筋肉が引っ張られる感覚が感じられることでしょう。

太もも,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術4
⑤執事の姿勢

後方に伸ばした脚の太もも筋肉をストレッチすることが目的であり、この筋肉が引っ張られる感覚が感じられることが正しい姿勢です。

太もも,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術5

3.太ももの後方の筋肉(Hamstring)を強化およびストレッチ

⑥うつ伏せで脚を上げる;サンドバック

うつ伏せのままで脚全体をもち上げます。足首にサンドバックを乗せて行うとより効果的です。

太もも,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術6
⑦レッグカール;ゴムベンド

うつ伏せたままでベンドを足首にくくって抵抗感を感じながら、徐々に膝を曲げます。

太もも,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術7
⑧うつ伏せで考えごと

足首にサンドバックを下げて太ももの後ろ側の筋肉が伸ばされる感覚を受けながら、脚に完全に力を抜きます。この際に膝がベッドの外側に出ていなければなりません。

太もも,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術8
⑨ベンドで太ももの後ろの筋肉をストレッチする

仰向けに横になり脚の平にbandを当てて引っ張ります。この際に膝は完全に伸ばした状態で脚を引き上げて下さい。太ももの後ろ側の筋肉がストレッチされる感覚を感じて下さい。

太もも,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術9
4.膝を曲げて関節運動

⑩かかとを引っ張る;ゴムベンド

ベッドや壁に寄りかかって座ったり横になって、膝を曲げます。この際にbandを足首にかけて手で引っ張ると効果的に運動ができます。

関節運動,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術10
⑪レスリングの姿勢

関節運動,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術11

5.ふくらはぎの筋肉を強化

⑫足首を下に押す

ベンドで抵抗を与えながら足首を下方に押します。ふくらはぎの後方の筋肉を強化する方法です。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術12
⑬足首を上に引っ張る

ベンドで抵抗を与えながら足首を顔の方に引っ張ります。ふくらはぎの前方の筋肉を強化する方法です。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術13
⑭かかと上げ

立った姿勢で(もしくは若干背もたれした状態で)、足のかかとをもち上げてふくらはぎの後方の筋肉を強化させます。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術14
⑮ゴムベンドで引っ張る

足の平にbandを回し掛けて両手で足首を上に引っ張ります。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術15
⑯押す
-1

板や厚い本などを踏み上がって、足のかかとは下に向って押します。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術16
⑰押す
-2

絵のような姿勢で前方に身体を傾けながら、立てた脚の側のアキレス腱をストレッチします。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術17

6.ふくらはぎのストレッチ(つま先立ちの予防運動)

⑱押す-3

壁に手を付けて片側の脚を後ろ側に伸ばします。膝は完全に伸びるようにして、お尻が後ろに抜けないように腰をしっかりと伸ばすことが重要です。この状態で足のかかとは床に向けて押し付けます。

ふくらはぎ,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術18

7.股関節の外転筋を強化およびストレッチ

⑲横に横たわり脚を持ち上げる

身体が地面から完全に90度になるように横に横たわり、次に脚を横に持ち上げます。

股関節,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術19
⑳脚を広げる

家族や理学療法士の助けを借りて、脚を広げ内転筋をストレッチします。

股関節,リハビリ運動,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術20

骨延長術(脚長差、身長手術、身長を伸ばす手術)後の運動法とリハビリ運動

ここでおえする内容は、さんが手術前後運動できるように基本的概念整理するための情報です。専門的なリハビリ運動は、キクサ(身長ばしたいたちのコミュニティ)リハビリチにておしています。

筋力維持関節くなるのをぐためには、最低限一日3回以上運動をしなければなりません。関節使わない場合は、筋肉くなり関節運動範減少させ結局はそれ以上骨ばすことがない結果くことになります。ばすためには、筋肉血管なども同時びるためにこれら組織がぴんとっていきます。このような不必要緊張予防するためには、ストレッチ運動必要です。また、しくまれた成長促進させるためには、体重むことが重要です。(PRECICE場合には例外になります。)

外固定装置装着したままで体重むことをれないでさい。外固定装置十分丈夫固定されていますしさんの体重程度十分丈夫なのです。体重せてつとさまざまなさんに影響えてくれます。

ストレッチ運動をなさるには、正常とはストレッチされた筋肉られるじることです。過度みがあったり、にしびれたり、筋力低下したり、くなったり、またはがってるようなみがじた場合には、ストレッチをして、治療ムにおさい。

 

運動方法

リハビリ運動きな概念とは、関節運動範筋力維持することです。

ももの関節関節および足首関節運動範注意深観察したに、もしがってばす角度くなった場合には、医療えなければなりません。

 

もものばす重要運動

ももの延長する問題になることとは、お関節関節運動範くなることです。ももの延長時運動して、ここでは詳細にはおえできません。その理由もも延長運動医療陣けが必要だからです。つまり一人うにはどが不可能です。キクサ(身長ばしたいたちのコミュニティ)のリハビリチムの専門リハビリのサポトをけるにおいします。

 

ふくらはぎのばす重要運動

ふくらはぎのばす問題になることは、足首そして筋肉たちです。足首運動範がしっかりと維持されるのかどうか注意深観察してください。また地面につく様相がもしかして変化していないかどうかも、よく観察しなければなりません。

 

膝伸ばし+つま先立ちの予防運動

1.足首のストレッチ(1)

足首アキレスをストレッチすることは、つま先立ちの予防重要です。完全ばしてり、写真のようにタオルやけてんでってアキレスがストレッチされることをじてさい。

足首ストレッチ,リハビリ運動,キクサ,李東訓教授,身長を伸ばす手術
2.
足首のストレッチ(2)

木製ブロックやのようながあるで、前方部分だけせてかかとを地面げます。(完全ばした状態)

足首ストレッチ,リハビリ運動,キクサ,李東訓教授,身長を伸ばす手術2
3.
足首のストレッチ(3)

前方ているげながらろにびた足首のかかと部分をしっかりとストレッチして、びたじてさい。(完全ばします)

足首ストレッチ,リハビリ運動,キクサ,李東訓教授,身長を伸ばす手術3
 

ももの筋力強化運動

4.ももの前側筋力強化する運動(1)

写真のように前方えながらになり、ももの前側筋肉れてをしっかりとばし2025cmほどげます。ももの前側筋肉れて筋力維持することが目標であり、足首げて完全ばした状態運動することが重要です。(12kg砂袋足首付着して運動させるといでしょう)

太もも筋力強化,リハビリ運動,キクサ,李東訓教授,身長を伸ばす手術4
5.
ももの前側筋力強化する運動(2)

仰向けにになり写真のようにきなタオルをいてのようにっておき、足首った状態もものをしっかりとれてをゆっくりとげます。最大限ばしてからゆっくりとげてください。

太もも筋力強化,リハビリ運動,キクサ,李東訓教授,身長を伸ばす手術5
6.
抵抗下での足首運動

ゴムさのある家具しばってから、にひっかけてさい。足首身体げてください。

足首の運動,リハビリ運動,キクサ,李東訓教授,身長を伸ばす手術6
これ
以外にもくの運動があります。李東訓教授めた治療がおえする運動を、にしっかりとなさって結果られることをいます。

骨延長(骨切り術)手術後に、非ステロイド性消炎剤を服用する際はご注意ください。

整形外科領域において鎮痛剤成分ものは、

ステロイド性消炎Non-Steroid Ant-Inflammatory Drugs, NSAIDs)です。

NSAIDs は骨延長術(骨切り術)において新しい骨の形成を妨害することがあります。

 

下記に列挙された薬はありふれた NSAIDsです。

これ以外にも全ての NSAIDsは、骨延長(骨切り術)の治療が終わるまでは可能な限りは服用してはなりません。もし服用を望む場合には必ず李東訓教授と相談の上で決めてください。

• Ibuprofenイブプロフェン• Aspirin(アスピリン)―心臓疾患によって医師から薬を処方された場合は服用が可能です。

• Naproxenナプロキセン • Celebrexセレブレックス/セレコックス

• Ketoprofenケトプロフェン • Indomethacinインドメタシン

• Tolmetinトルメティン • Piroxicamピロキシカム • Meclofenamateメクロフェナム

• Ketorolacケトロラク• Nabumetoneナブメトン


頭痛のような周期的な痛みがある場合には、医療陣が処方した薬を服用されて個人的にどんな薬でも購入して服用されてはなりません。

喫煙が骨の治療過程に及ぼす影響をご存知ですか?

喫煙は、心臓疾患や血管疾患やそして多様な種類のガンの発生と関係があります。

また、喫煙者には皮膚の傷がある場合に傷の回復が遅くなることがあるという研究結果もあります。

最近には喫煙者たちでは否喫煙者よりも骨の治療が遅くなるという証拠も発見されました。

 

四肢延長術とは新しい骨を持続的に形成させていく作業です。他のどんな手術よりも喫煙による影響を多く受ける手術であり手術を考えておられるのなら、今すぐにそして必ず禁煙をなさってください。

最低でも手術の三ヶ月前から禁煙をなさると良いです。治療の過程においての禁煙は必須です。

治療の最中に禁煙する自信がない方は手術をしない方が良いでしょう。

記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード