Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

身長手術の前に気になること

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は info@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

今後に開発される内固定延長機械(プリサイス・シノストなど)の未来とは

こんにちは。キクサ(身長を伸ばしたい人たちのコミュニティ)の家族の皆さん。

 

最近はPM2.5の大気汚染のせいで、ふとソウルから引越したい気持ちになります。

面倒だと思われてもマスクをしっかりと着用して下さい。参考に私はn95のマスクを注文して使っています。

 

今日は多くの方が気になさる骨延長術(四肢延長術、身長手術、身長を伸ばす手術、脚長差などに使われる手術法)の一大革命をもたらした内固定延長機械(lengtheningn nail)の未来について説明しましょう。

 

1、シノスト(Synoste)とは、どんな延長機械ですか?

まずSynosteは延長器具の名前ではなく会社の名称です。この会社では特殊金属を利用して延長をさせる内固定延長機械を開発しています。現在にこの延長機械の名前は Nitti nailです。これの延長方式はプリサイスとは完全に異なる方式です。

 donghoon,李東訓教授,身長手術
 

2、Nitti nailはいつから使用できますか?

2018年夏にヨーロッパにて臨床試験が始まります。厳密に言うとヨーロッパのみで始まります。臨床試験を行う医師たちも私と非常に親しい方たちですので、結果がどうなったのかは来年初め頃には非公式的に知ることが出来るでしょう。

ヨーロッパにて臨床が始まり、結果が大丈夫であれば韓国に入ってくることになりますが、韓国では食品医薬品安全庁からの許可過程が必要です。

ここにさらに現在のNitti nailは、太さが13mmが最も細いために、韓国人に使う程度になるにはもっと細く開発しなければならないという宿題もあります。このような問題らのために韓国でいつ頃使えるようになるのかは未だ予測が難しいです。最低で2・3年以上はかかるものと思われます。参考に、私はシノスト社の開発にコンサルティングとして携わっています。

 donghoon,李東訓教授,身長手術‐2
 

3、Nitti nailは、どんな長所がありますか?

理論的な長所とは、延長の最中にも体重負荷が行えるというものです。けれどもこのような理論的な長所は、実際に使用して確認する以前には、断定する事はできません。実際に使用してみると予想だにしない別の問題によって失敗する場合もあるためです。

 

4、Nitti nailの価格は?

これもやはり全く知りえません。正式に市場にリリースされるには、未だ時間がかかるためです。ただプリサイスという既存の強力な競争製品があるために、これよりは安くなるのではないかという、やはり予想するのみです…。

 

5、プリサイス(PRECICE)は、今後さらに開発されるでしょうか?

プリサイスも最初にリリースされてから何個かの問題らが発見されて、継続してアップグレードされてきました。

現在は、v2.3を使用していますが、このバージョンを使ってから現在まで機械的な故障を一度も経験したことがない程に非常に安定的です。けれども未だに体重負荷に制限があるという短所はありますよね。そのためにヌバシブ(プリサイスを作る会社)において体重負荷が可能な新しい製品を開発しました。これもやはり今年夏に、アメリカにおいて試験使用される予定です。

結果が成功的であれば、外国に輸出されるでしょう。恐らく私がこの中で最も早く受け取ることが出来るのではないかと思います。これもやはり韓国にリリースされるには、2・3年はかかるだろうと思われます。

 

私は、

@プリサイス延長手術をアジアにおいて最も最初に、そして最も多く経験を持っており、

@シノストの開発に関連したコンサルティングを携わっており、

(恐らく今年に)プリサイスのアジアトレーニングセンターが、私の元で造られる予定です。そうなると米国まで行くのが遠い国の医師たちは、私の所でプリサイス手術に関する基本的な教育を学ぶことになります。

@ここでは公開したことがありませんでしたが、通常は難しいと思われる太ももの延長時にも最小の切開(1.5-2cm)のみで手術(最小切開)を行います。私に手術を受けた方たちは元々そういうものだと思われるかも知れませんが、この程度の大きさの切開で太ももの延長手術を受けるのは容易ではありません。もちろん安全は基本です。

@以上のような手術によって医療事故がただの一度もありませんでした。

 

プリサイスなどの内固定延長機械の関連しては、私が大韓骨延長変形矯正学会において2012年より連続して講義を行ってきました。そのために皆さんにこのように自信を持って説明することができます。

 

一つ、本当に皆さんが知っておくべき事は、外固定がないからと言って、簡単な手術では絶対にないということです。

プリサイスなどの内固定延長手術は、手術方式がややすると一般的な骨折手術における骨髄腔内に釘を入れることと似ていると思って安易に手術を行う医師たちが次第に増えています。誇大広告、虚偽広告も多いです。本当に憂慮すべき現実です。

 

皆さんも自らの身体を大事にする気持ちで、しっかりとした医師を探し出す必要があります。両親に迷惑をかけたくないと安く手術してくれる病院に行き手術してしまい、神経麻痺になり骨は一年を超えても全く空っぽで、このような方たちはよくおられます。今も私に「自ら専門家だと自称する非専門家(私が思うに)」に手術を受けて各種の合併症により結局は私の所で治療を受けている方たちは、国内・海外を問わずに多くいらっしゃいます。

 

このような方たちを再手術してちゃんと歩けるようにする過程は私にとっても体力的に大変なものです。(合併症が生じてしまって来られた方たちの再手術は、当初の手術よりもはるかに困難で難しい場合が多いです。このような方たちの再手術を行うと、私の寿命が短くなる感覚を感じることもあります)もちろん不便や苦痛に苦しむ患者さまたちを見ると、本当に心が痛く気の毒に思えます。ただその半面、そのようにしてしまった医師たちに対して怒りをも覚えます。

 

プリサイスの説明をしていく中で、最近に私に治療を受けに来られた合併症の患者さんたちが思い出されて、ちょっと別の話しをしてしまいました。

 

今回の深層分析の結論とは、

1、未来の内固定延長機械を、韓国で使用できるのは最低23年はかかるだろうということ。

2、今後の内固定延長機械は、プリサイスでもシノスト・Nitti nailでも延長過程で安定的に体重負荷が可能なのかどうか?

です。

 

キクサが行えば、違います。

[深層分析]プリサイスの内固定延長時にも、X脚傾向が起きるのか?

「キクサ(身長を伸ばしたい人たちのコミュニティ)」ネイバーカフェの記事より。

http://cafe.naver.com/limblengthening


こんにちは。キクサのさん。

新年のご挨拶の代わりに、[深層分析]をまた一つお伝えします。

 

今日主題は、プリサイス手術延長(脚長差身長手術身長ばす手術)にも、X脚傾向きるのかという問題です。結論からげますと「こりる」です。

 

ちょっとえてみると、上下てネジで固定されているのに、どうやってX脚傾向可能なのか?とわれるのではないでしょうか。

が3年前にこの現象して、学会にてめて発表をしたにロズブル先生きく共感してくれました。実際には学会にてこのような説明をすると、共感てない医師たちがもっといのがです。

とにかく、はこのような現象原因解決方法などを完全分析えた状態です。にて発表した論文です。

プリサイス,李東訓教授,DR_DONGHOON,キクサ,身長手術-1
 

以前に、速成延長(LON)手術においてX脚傾向こりるということもめて発表しました。もがこのことについてすこともめることもなかった時期でしたから、そのために患者さまたちもただそういうものなのかと思っていた時期でした。

私がこの問題を取り挙げた後に、速成延長(LON)でのX脚傾向を質問する患者さまたちのために忙しくなったと不平とも言えない愚痴を他の医師たちからよく聞きました。

けれども、実際に「存在する」現象を語ったのであり、これに対する解決方法をしっかりと持っていれば、問題にならないのです。もちろん全ての方法を使ってもX脚が生じてしまう方もたまに居ますが、その場合はもう一度矯正手術をしなければならないケースも稀にあります。

 

下記は、私が速成延長(LON)におけるX脚傾向に関して分析した論文です。

プリサイス,李東訓教授,DR_DONGHOON,キクサ,身長手術-2
 

問題はこのような現象が内固定を利用した延長術においても「発生」するということです。この現象を上手く利用すれば、下記の写真の様な若干のO脚を真っ直ぐに治すことができますが、しっかりとコントロール出来なければX脚が生じてしまうのです。

プリサイス,李東訓教授,DR_DONGHOON,キクサ,身長手術-3
 

この現象に関してちゃんと理解するためには、その原因と時間に沿った発生程度など多くの分析が必要になります。私がこれを完全に分析してみると分析のグラフが30個にもなりました。下記の図はそのグラフの中の一つです。(全ての原因と解決方法について、ここでは一つ一つ説明できないことをご理解下さい。)

問題点を完全に把握してしまえば、別に恐れることはありません。

プリサイス,李東訓教授,DR_DONGHOON,キクサ,身長手術-4
 

速成延長(LON)手術であれプリサイス手術であれ、身長手術後の脚の模様(整列)は医師の役目です。もちろん皆さんがリハビリ運動を熱心に行わなかった場合には脚の整列を正確に評価できなくなり、よって適切な処置を施すことが難しくこともあります。

けれども、基本的には皆さんの脚の模様がどうなるのかは全面的に医師に任されていると考えるべきです。下記のケースでは、疾病があり脚長差と同時に深刻なX脚及び回転変形がありました。この場合はプリサイスを利用して延長を施しながらX脚と回転変形を同時に矯正し治したケースです。

プリサイス,李東訓教授,DR_DONGHOON,キクサ,身長手術-5
 

キクサの医療チームであれば、出来ます。

皆さん新年に良いことがありますように、しっかりと健康にも気をつけられて、良い一年となることを願っています!

ISKDを使わない理由―身長手術、四肢延長術において(2014年05月の記事)

http://www.drdonghoon.com/index.php/archives/2616

20140501  

 

最近ISKDをなぜ使わないのかと質問けるので、一度整理してみたいといます。

四肢延長術における内固定器具利用した延長歴史とは、非常歴史があります。1959最初っているほどです。もちろん臨床的には失敗しました。臨床的にけれどもある程度使用された機械1990年代発表された「Albizzia nail」です。フランスの Guichet 博士しましたが、racheting motionして延長される機械でした。問題延長のためにすのですが、機械的には20すことになっていますが、実際には90さないとならないので、みが非常かったのです。それで医師たち関心ちませんでした。以後にドイツの Baumgart 博士がモ利用したfitbone nailしましたが、これもやはり安定性問題使われていません。


次についにされたISKDは、既存Albizzia短所補完しようと、3-9度程度角度転動作のみで延長されるようにられました。Orthofix という会社(はイタリアの会社でしたが)です。ち、角度なくして延長できるというのがのコンセプトでしたので、世界的沢山使用されました。くのケスで使用しましたけれども ISKD使用しながらも、学会共通的報告される問題が「速度調節」が上手ないということです。医師延長速度をコントロないということは四肢延長術において致命的問題なのです。
速度りにもいと形成されずに筋肉無理けることになります。に、速度りにもいとがくっついてしまってもう一度骨切りしなければならなくなります。

手術けた患者さんたちも速度調節なくて、されたかったです。いにも適切処置上手くなされて、手術けて形成されなかったはただの一人ませんでした。


けれども20123にこのような問題点をこれ以上って見過ごすことはないと、国国内においてただ一人 ISKD手術果敢にもしました。結局同年8全世界的ISKDがリコルされることになりました。
問題は、以後Orthofix会社がのこのような問題する補完対策っていないということです。つまりは、速度調節がしっかりとコントロルされないという問題について機械的向上くなされていないということなのです。


そのために ISKDした Dr. Dean Cole でさえも今現在PRECICE使用していますし、アメリカにおいてはただ一人医師ISKD使用していません。このISKD問題点する論文発表されていますし、くの論文においてISKDのこのような問題点らを言及しています。

整形外科のA学術誌せられた論文をいくつか紹介しますと、下記論文CORRという整形外科における世界的最高級学会誌せられたものです。ISKD速度調節ないために上手てこないという内容です。

ISKD,CORR,李東訓教授,キクサ,骨延長,身長を伸ばす手術1

下記論文は、ロズブル先生がやはり CORR掲載された論文において、ももの延長において速成延長非常過程であるにもわらず、ISKDよりも速成延長いという内容です。

ISKD,CORR,李東訓教授,キクサ,骨延長,身長を伸ばす手術2

下記論文は、 CORR掲載した論文です。やはり速度調節問題がありみにする調査をした速度調節ない場合深刻みをじるという結論です。

このような状況において、問題証明されている機械使わないのは当然なことであります。

ISKD,CORR,李東訓教授,キクサ,骨延長,身長を伸ばす手術3

PRECICE
もまたされてからいくらもってませんので、結果がどうなのかこれからも見守必要があります。(訳注この記事2014れました)

現在までに経験によると、 PRECICE素晴らしい延長機械であるとわれます。世界学会において、しをしてきたペイリ先生やロズブル先生もやはり現在まではPRECICE非常満足せているとっています。

身長手術(身長を伸ばす手術)-3

2.手術後併症はどのようなものがあり、実際発生率はどの程度ですか?
世界安全延長手術を追及しています。主要永久後遺症0%」
四肢延長術は、一般的整形外科手術併症後遺症のリスクが手術です。李東訓教授は、この分野に対する知識経験徹底した手術及び管理じて、主要な永久後遺症に対する発生率0%に管理しています。骨延長術は延長中発生し得る問題最小限えることができるようにすることが重要です。しかしさらに重要なことは治療過程中問題発生した場合永久的後遺症にならないように解決する必要があるということです。どのような問題発生したとしてもこれをうまく解決して、問題発生していない患者様最終的結果じになるように、問題解決能力のある医師手術けてください。一般的に起こり得る手術後併症は、短期的併症長期的併症けることができます。(現在まで併症発生率統計

短期合併症
不癒合 - 付かず骨移植などの追加的施術必要場合0%)
腓骨/脛骨神経の永久損傷 - 腓骨神一時的麻痺症は起こり得ますが、適切対応によって永久的麻痺ぐことができます(0%)
血管損傷 - 主要血管損傷よる壊死0%)
深部感染 - 発生時に追加的な炎症除去手術必要場合0%)
不正癒合 - 完全固まった後に脚整列満足できない場合0.5%);発生したケースでは再手術通して完璧に矯正を行いました。現在既存手術短所補完して発生率0%へ管理しています。
ピンの - 延長過程で外固定ピンがれる場合、ピンを挿入する必要があります。(1-2%)
皮膚感の一部低下 - 手術後切開傷跡周辺延長むにつれて表在性皮膚神機能ちて一部の皮膚感ちる現象で、100予防することはできません。しかしこれによる不便さきくなく、長期的にもほとんど回復します。(8%)
ピン感染 - ピンのにひどくない程度の炎症として非常よく起こり得ますが、適切対応によって重度炎症へ進行ぐことができます(20%)
酔事故 - による事故0%)

長期的併症
永久障がい0%)
関節拘縮0%)
手術による関節炎の発生0%)
関節脱臼0%)
運動能力低下 - 延長手術後日常生活運動手術前とほぼ状態回復されますが、過激運動(全力疾走、サッカなど)の場合手術前状態100%まで回復しないこともあります。手術後2年目で平均手術前の)70程度に回復します。

3.
手術後に骨くなり骨折や関節症がよく起きないのでしょうか?
「しっかりと治療された場合、心配される必要はありません」
延長手術後は、正常な治癒過程たのち完全自分の骨として再形成されます。もちろん再生される完全にしっかりと再生されなければなりませんが、既存手術方法は、一部の不足になってしまい会復帰れて、骨移植必要ケースまでありました。このような問題解決するために、李東訓教授世界初髄幹細胞濃縮移植法利用した骨延長術をして、現在では骨移植に対する心配をしなくても良くなりました。もちろん100%ということはありませんが、骨延長術の歴史きな進展げました。これらの研究結果は、世界的学術誌出版され(引用 http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11999-014-3548-3 )、そして教科書Limb Lengthening and Reconstruction Surgery Case Atlas/Pediatric Lower Limb Deformities: Principles and Techniques of Management )にもこの分野著者Chapter Author)として参加しました。長期的関節炎の発生可否関連しては、正確整列適切延長速度などの重要要素がたくさんあり​​ます。これらを予防するためには、できる医師共に延長を行うことが重要です。
 
4.
延長はどのくらいまでできますか?
さの20で、​​延長することが安全です」
現在までの動物実験臨床結果では、自己さの20​​延長した場合、長期・短期的併症発生率らすことができると証明しています。人それぞれさがなるため、20%のさもそれぞれしずつなる訳ですが、身長が160cmである場合に脛骨(ふくらはぎの)のさの20%が普通6cm程度になります。もちろん20%をえる延長技術的にはいくらでも可能です。くの延長必要場合には、ふくらはぎの大腿骨の片側だけで10cmまで延長することもあります。しかし一般的な身長手術において李東訓教授延長さの制限設ける理由は、長期的なスポ能力回復関節ける負担などを考慮すると可能な限りこの原則ることが良いからです。
 
5
.手術をすることができない身体的条件がありますか?
内科的に深刻問題がある場合糖尿病・HIV感染などをむ)、髄炎、またはがしっかりと出来ない代謝性疾患がある場合、これらにする手術前の検証必要であり、手術不可能場合もあります。 

 
6.
併症等によって予定外手術をした場合費用はどうなりますか?
場合によってなります医療陣のミスによる場合けば、費用患者様の負担です。しかし追加的な費用負担最小限になるように配慮いたします。
 
7.
身長さくなければ手術をしてくれないのですか?
「身長対的数値重要ではありません自己の満足問題だからで​​す」
身長160cmだからといって170cmよりも自尊心自己満足度低いという訳でもなく、そのです日常生活において機能的支障を受ける程度の身長でなければ、身長は結局は自己満足問題であります。身長が180cmだとしても職業上やらかの理由手術必要であれば、延長手術を行いますし、身長が150​​cmでも本人問題がない場合は、手術する理由がありません。
 
8.
手術後日常生活までどのくらいかかりますか?
ふくらはぎの6cm延長基準とした場合、松葉杖を外してめる時期はそれぞれ、成延長は4~6ヶ月、レイトンは3~4.5ヶPRECICE は4~6ヶ月程度です太腿PRECICE 6cm基準で、3~4ヶ月程度かかります。ある程度自然いて日常生活をするには、この時期からさらに1~2ヶほどのリハビリ運動必要です。
 
9.
手術長所ですか?
-
安全性最優先にします。
-
併症発生らし、最良手術結果るための独創的なノウハウが集結された手術法です。
-
長期的併症最大限に排除しながらも、非常美容的結果ることができます。
-
早期に仮骨を形成させ、迅速会復帰可能にします
-
存在する全ての種類手術可能なため、患者様状況じたオーダーメイド手術可能です。
-
全ての手術最小侵襲最小切開われます。
-
理想的軸を具現します。

10.
手術後看病人(付き添い)はどのくらいの期間必要でしょうか?
手術後に2~3日が過ぎると、一人がる練習をすることになります通常はトイレを一人くまでに一週間かかります。手術後の経過はによってなるため、家族付き添いができない場合には、余裕をもって手術後一週間までは看病人に依頼することをおめします。

11. 手術するにはどのような運動が必要ですか?
太腿前方筋肉である大腿四頭筋を丈夫にする運動転車、スクワット、ランジ運動、水中ウォキング、水泳)をしておくと、手術後のリハビリに大いに役立ちます太腿筋力運動の他に、上半身筋力運動及び身体全体のストレッチ運動役立ちます

12.入院時に準備すべきものは何が要りますか
衣服 - 下着上着;病院の患者服がありますが、外出時病院外るときに着用するもの。一着ずつくらい。
洗面道具化粧品類
電子製品 - トパソコン、帯電話Wi-Fiルーター充電器など
リハビリの道具 - 松葉杖歩行器病院購入可能です。カルシウム病院処方されるので別に購入されなくても大丈夫です。もし別途に持参される場合には、入院時におえ下さい。
その他準備されると便利なもの - ウェットティッシュ、ベッド用のノトパソコンスタンド、耳栓睡眠アイマスク

13.手術費用はいくらですか?
わせを頂いた後に、個別におらせ致します。

身長手術(身長を伸ばす手術)-2

LON-速成延長術(Lengthening Over Nail)

手術名前じだとしても手術ではありません。医師ごとに自分だけのノウハウをって手術を施行することになります。李東訓教授成延長術(両脚を同時に手術)は、既存の速成延長術の欠点補完して、最高完成度っています。成延長術一次手術の際に内固定が同時るので延長の過程で脚変形がなく、外固定装置をすぐに外すことができるというのが長所です。しかし内固定があったとしても延長の過程Xじる傾向があり、内固定により仮骨の形成多少弱いのが欠点でありましたが、多くの医師たちがこれを看過していました。李東訓教授成延長つの欠点学的証明し、その解決策までも提示しました論文引用 http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11999-014-3548-3 http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11999-016-4712-8 李東訓教授提供する速成延長術は、のような独創的っています。①.手術時に脚変形を同時矯正しながらも、延長中じるX脚の現象防止しました。②髄幹細胞濃縮移植法利用して仮骨の形成盛んにします。③ふくらはぎの延長時に腓骨小骨)を脛骨(大骨)にしっかりと連結することが非常重要ですが、李東訓教授は外固定のピンだけでなくネジを利用して二重固定するので、腓骨に関連した併症可能性最小限えています。また、使用する釘はもちろんネジのつまで世界最高頼度SynthesUSAETN®Expert Tibia Nail)を使用するなど、患者様には最も良い製品だけを使用するという原則遵守しています。

LON手術のエックス線検査の写真

LON X-ray

成延長術利用し、ふくらはぎ6cm延長

キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-1

成延長術利用し、ふくらはぎ6cm延長しO脚を同時に矯正

キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-2

成延長術利用し、ふくらはぎ5cm延長しO脚を同時矯正

キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-3

レイトン手術法(Lengthening And Then Nailing)

レイトンは、延長術にべると、1)仮形成非常く、2)1~2ヶほどより回復し、3(整列)をより精密調整することができるというのが長所です。レイトンの欠点は、延長後に脚矯正の期間があるため成延長よりも外固定装置を2~4週間より長く着用して、外固定のピンの速性延長べてたり1~2さらに生じることがあります。レイトン手術法は、国の Dr. Rozbruch しましたが、2010に韓国国内初としてレイトンを成功させ現在まで世界的にもくの経験蓄積しています。既存の速成延長手術法欠点であった仮骨の問題X脚の問題解決されるまで、李東訓教授はレイトン方式利用した延長術を数多く施行しました。しかし、このつの問題を李東訓教授独創的方式解決した後は現在一般的な骨延長術においては簡単で費用がない成延長を進めます。しかし、骨髄が余りにすぎる場合さが余りにすぎる場合、脚の変形がひどく骨髄釘を挿入することができない場合などでは、レイトン方式がになり得るので、くの希少難病疾患治療有用に施行しています。

LATN手術のエックス線検査の写真

LATN X-ray

レイトン方式利用し、ふくらはぎを6cm延長

キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-4

レイトン方式利用し、ふくらはぎを5cm延長しX脚を同時矯正

キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-5

PRECICE(プリサイス)

PRECICEEllipseUSA)は、アメリカの FDA 承認下使用されている内固定延長器具Fully Implantable Lengthening Nail)です。磁場利用して延長しますので、転動作必要なくてみがなく、必要には延長めたりさをらすこともできることが長所です。李東訓教授は、アジアPRECICE 利用した骨延長成功し、アジア100達成したことで世界的症例保有しています。このようなくの症例の中でも深部感染率0%、不癒合0%など、長期的な後遺症がないなど、最高成績っています。

PRECICE
機械の写真

precice 内固定機械

PRECICE手術のエックス線検査の写真

PRECICE femur X-ray

PRECICE
太腿延長 - 既存の外固定を使用する方法べて、内固定を利用した太腿延長対的利点っています。外固定によって太腿固定する場合、ピンが筋肉通過するのでしいみ、関節運動の障がい、ピンの感染などがきな問題になることがあります。内固定延長利用した太腿骨延長は、み・感染関節運動回復速度などにおいてきな利点があります。

プリサイスを利用して、太腿6cm延長

プリサイス,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-6


PRECICE
ふくらはぎの延長 外固定のピンがないため、足首及びにおいて腓骨小骨)を脛骨大骨)にしっかりと連結することがさらに重要で、この固定ネジの位置方向正確設定することで結果ることができます。多くの専門家たちも、の側の腓骨の固定技術的容易ではないので、足首の側のみ固定してはきちんと固定しない場合いのですが、この場合は膝関節の拘縮や腓骨早期硬化が起きることがあります。PRECICE 延長の際に十分体重負荷制限されるため、ふくらはぎの場合に延長の長さを非常保守的にすることがおめです(5cm以下)。内固定をじた延長は外固定装置がないため、傷跡なく快適であるという長所がありますが、外固定器具が提供する機能を内固定だけで補完して完璧に延長を終えるためには、治療する医師の骨延長する理解経験必要です。

プリサイスを利用して、ふくらはぎを5㎝延長
プリサイス,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-7

ふくらはぎと太ももを合わせて8㎝延長
速成延長,キクサ,李東訓(イドンフン)教授,身長手術-8

ISKD ISKDOrthofixUSA)は、現在使用が不可能です。 2001年から全世界的に多く使用されて韓国国内でも多く使用されました。PRECICE とは異なり、脚の回転動作を通して延長する方式でした。ISKD は器械的に非常に丈夫であるという利点がありましたが、延長速度の調節が難しく器械的な故障が起こり得ることが欠点でした。私はこれらの欠点を早期に把握し、 韓国国内で初めて20123月から果敢にも ISKD 手術を中断しました(私が ISKD 手術を施行した患者様たちは、一人ももれなく全ての治療を無事に終えました)。そして ISKD のこれらの問題に対して韓国国内および国際学会で発表し、この論文は整形外科最上級の学術誌である『CORR』に招待され2014年に掲載されました。(引用 http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11999-014-3547-4 20128月から全世界的に ISKD がリコールされ、現在は使用されていません。ISKD も米国FDA の承認を受けた製品だったことを考慮すれば、FDA から承認を受けたとしても全て問題がないと考えるのは禁物です。結局は内固定を利用した延長術もやはり患者様を最優先に考える医師の良心と内固定延長術に対する深い知識が必要な手術です。


記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード