Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

身長手術の前に気になること

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は japan@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

身長手術後、骨は本当に再生できますか?

身長を延ばす為に、または下肢不同のために四肢延長の手術を受けた後、
年を取った時、自分の脚に問題があるのか?
時間の経過とともに、再生された骨はより簡単に折れるのか?
年をとった後、骨粗鬆症になりやすくなるのではないのか?
骨はちゃんと再生できるのか?
神経、血管、筋肉はゴムバンドのように伸びるのか?
...みなさんの気になることについて
李東訓博士が四肢延長術の長期的な安全性について話してくれます。

1
2
3
4
5
6



画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

身長手術だけで1000例以上の医師が教えてくれる身長手術の黄金時期!意外としたら良くない時期!

時期1

画像引用:李東訓の言中有骨ユーチューブチャンネル

身長手術は日常復帰まで結構な時間が所要しますが、
こんな身長手術は人生のどの瞬間に受ければ良いかに関して話してみました。

時期2
時期3

学校、職場に復帰する時期になれれば少なくとも手術を受けた時点から
スポーツはできなくてもどれくらい歩けて生活ができるくらいに回復する期間を考えるべきですね。

それで脹脛の速成延長術6cmを基準に話しますと約6-7ヶ月くらいは平均的に考えるべきです。


最小侵襲手術法




最小侵襲手術法についてお話した動画をご紹介します。

画像引用:李東訓博士の言中有骨ユーチューブチャンネル


傷跡2
傷跡3
傷跡4


最小侵襲手術は傷跡の大きさだけを見るのではなく

手術する時に組織、肉,筋肉、骨の損傷を最小化することを言います。

最小侵襲手術は手術する時に組織、肉,筋肉、骨の損傷を最小化することです。

それで合併症を減らして、回復も速く傷跡をより奇麗に残せます。

こんな最小侵襲手術は全手術領域に全て該当しますが、李東訓骨延長再建病院の切骨術、身長手術の為の切骨術、下肢不同手術の為の切骨術また脚の変形、O脚、X脚、特に関節炎の時にするO脚の矯正手術としてよく知られている近位脛骨切骨術、こんな全ての手術に該当する話です。

切開の大きさが重要なのではなく、その中の組織損傷をどれほど少なくするのかが一番重要です。

これがどれほど重要なのか、究極的には骨の手術をする為に周りの組織をたくさん開けば開くほど、そこの血管損傷になり筋肉の損傷になったら骨に行く血液循環も減りますね。

そして骨を骨膜で作りますが,骨膜に触れるほど骨が良くできませんね。

骨が良く付かず手術後歩ける時期が遅くなりますね。

それで最小侵襲手術と言うのはこの全てを減らすためなんです。

一番重要なのは組織損傷を少なくして、合併症の確率を減らすことが手術する時に一番重要な概念の一つだと言うことを話したいです。


傷跡5
傷跡6

「肩を延ばしたい」「指を長くしたい」「骨盤を広くしたい」できる?

画像引用:李東訓博士の言中有骨ユーチューブチャンネル


「身長も伸ばせるんだから、他のところも延ばせるのでは?」という質問にお答えするために、我々の体で延ばせない骨について話してみました。
今日の映像も楽しんでご覧ください。

四肢延長手術に年齢制限はありますか?

 年齢制限1

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル


四肢延長手術では、制限はありません。
しかし、
美容整形手術に関しては、制限があります。
李先生の美容目的の
四肢延長症例制限についてどう言っているかをご覧ください

年齢制限2
年齢制限3
年齢制限4
年齢制限5
年齢制限6
年齢制限7
年齢制限8


記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード