下肢不同

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

19才の彼は下肢不同の為イドンフン先生に手術を受けました。

彼は幼い頃骨肉腫という悪性腫瘍が生じて膝の骨に異常があり、癌が発生して骨を除去してから背が伸びなかったんです。

それで片っ方だけ身長手術をし高校2年を終えて冬休みからプリサイス手術をしました。

成長する時に悪性腫瘍ができた為抗癌治療を受ける時から苦労してきましたが、一番辛かったのはいつも脚を曲げられないまま固定された状態で生きていくことでした。彼は走れずくしかなくて身体能力からも制限がたくさんありました。人より疲れやすくとても不便だったそうです。

小さなときはそれでも身長差があっても耐えられましたが、高校に入ってからは成長の差がグンとあってその12年間がもっともつらかったと語ります。

手術してくださって先生にとても感謝し、「もうほとんど終わってるからもう少しの辛抱だ」と先生に慰められてそれで耐えられたという彼の話をご覧ください。

イドンフン先生やリハビリ先生、みんな本当に人として親切に接してくれて尊重してくれて本当に見習うことができ、それで本当に楽な病院生活ができたという彼がこの手術、身長手術または下肢不同の理由で来院される方たちに言いたいことは「ポジティブに考えてください。うまくできます。」らしいです。