画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル
송희영님인터뷰1

脚長差(下肢不同)で左大腿をプリサイス手術し2.35cmの伸ばした方のインタビューと症例映像です。

 

송희영님인터뷰2

この方の場合は幼い頃に怪我をしてできた脚長差(下肢不同)です。

幼い時交通事故やそれともある原因によって骨端線が損傷を受けるとりの成長期間の間、ちゃんと成長できなくて片方の脚が短くなる場合があります。

この方はそういうケスでもちろん脚長差(下肢不同)には骨端線損傷のためにできる場合もありますが、何らかの理由もなくできる場合もあるしそれとも先天的な奇形、いろんな原因によって脚の長さは差があるかもしれません。

また他の原因は最近人工節をしながら人工節の手術を受けた脚が長くなるのも最近人工節をたくさんやるので原因になれます。

この方は2.5cmの差なので多くはありませんが、太腿でできた脚長差(下肢不同)でした。

この方のレントゲンを見ながらご明いたします。

 

송희영님인터뷰3

これは手術前の全身レントゲンですが、このレントゲンは体全体を撮ったレントゲンです。

それで脚の方だけ大してみるとこちらに以前骨端線が損傷された痕跡があってそれでこちらの太腿の骨が短くなりました。

脚の長さが違ってこういう方は骨盤が傾いてこれで長い時間がつと腰が歪んで生活するため、時間がちながら腰の痛みが始まって後では腰の節炎がきます。

またこちらに力をたくさん受けるから股節の可能性もあるし膝も影響を受けます。

それで脚長差(下肢不同)はすべての節が影響される疾患と言えます。

 

송희영님인터뷰4

この方はプリサイスで手術しましたが、これが手術直後の姿で、その次に手術して6週目のときの延長が全部終わった態で、その次に11週がすぎ、約3ヶ月になってません。

骨がまだ100%元の態ではありませんが、けるようにはなって今日の皆さんがごになった動「あんなにびっこをひいてくかな」と考えるかもしれませんが、延長を終えてだんだん正常的にけるようになります。

 

太腿プリサイスの傷跡がどれほどできるのかになると思いますが、お見せします。

송희영님인터뷰5

これがプリサイスが入るための傷跡が2cmほど、2cmにもなってませんよね。

もちろんこれは者によって傷跡の大きさはそれぞれです。

イドンフン先生が出した傷跡はプリサイスが入るための最小限の傷跡だと考えればいいです。

傷跡が小さいからって手術が上手いとは言えませんが、最小限の切開で正確に手術できればそれが最高です。

太腿の長さの差をプリサイスで治療した症例をお見せしましたが、脚長差(下肢不同)治療はする前と後の人性が完全にわる治療です。

手術までにはびっこをひいて腰が痛くいろんな問題が多かった体が、治療後には完全に正常的にる本にいい治療方法があることを話しました。

今まで本にたくさんの脚長差(下肢不同)を治療してきたし、また現在も当院で脚長差(下肢不同)でプリサイス治療を受けている方が本多いです。