画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル近位1

O脚とX脚でられる方は、見た目は同じO脚、同じX脚のように見えても、

際にレントゲンを撮って診察をしてみると、人によって全然違います。

例えば、脹脛の骨が曲がってO脚になった方もいらっしゃるし、太腿の骨が曲がってO脚になった方もいらっしゃるし、または太腿の骨が回して、いわゆる回転変形というねじり棒のように曲がっている方もいらっしゃるし、または脹脛の骨が曲がった方、こういうのが全部混ざって拗じられたり、角度が曲がったり、本に色曲がった脚、O脚、X脚があります。

では、皆さんが最もよくご存知のO脚の治療法である近位脛骨切骨術というのは何かと言えば

近位は頭に近い方で、脛骨は脹脛の骨なんです。

脹脛の骨の近位部を斜線方向にして骨を切って開いて角度をえる手術です。

で、近脛骨切骨術は一番よく行う手術でもありますが、代わりに曲がった脚を手術する上で一番簡な手術方法がです。

一番簡な手術方法ですが確かに限界もある手術です。

近脛骨切骨術は一言で言えば骨が曲がるな原因の中で、ここの角度だけ曲がった時に使える、それだけを矯正できる方法なんです。

では、先に僕が申し上げたように、脚が曲がるのは曲がったり、角度が回したり、な原因があると言いました。

曲がった脚の原因がこのように多なので治療方法も然多でしょう。

曲がった脚の手術をする上で最も重要なことは個人の曲がった脚の形がどこからどのように曲がっているのかを正確に分析すること、それが第1段階で、第2段階は正確に矯正してそれに合う手術法で治療することが最も重要だと言いたいです。