운동능력회복1


画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル

 

最近よくある質問の中で身長手術した後に

スポツ能力の回復はどうなるかにする方がたくさんいらっしゃいます。

 

延長する長さが短いほどスポツ能力回復が良い確率が高い。

太ももとふくらはぎでは太ももの方がスポツ能力回復がもっと速い。

そして手術前からスポツが好きで運動能力がよかった方は

手術後にも100%回復する確率が高いっていうのが僕の結論です。

 운동능력회복2

この方は太ももをプリサイスで5㎝延長した方です。

手術してから3年くらいったときの動です。


운동능력회복3

(ハイレベルバフィテスト能力者)

これはすごくよく回復された方です。

ジャンプ能力、そのあと全力疾走、本人が考えた手術前の運動能力に100%回復されたと自ら感じています。

 

운동능력회복4

これは約110㎏くらいのバベルでスクワットをする動です。


운동능력회복5

レントゲンをごになると、左側が手術前のレントゲンで右側が手術直後のものです。

切骨されて中にプリサイスが入っているのが見えます。


운동능력회복6

左側は手術後4か月くらいった写真で、5㎝延長しています。

平均的にする延長の長さが、太ももの場合6-7㎝くらいですが、このくらいの長さでプリサイスの場合は大体4か月くらいで立てる時期になります。

 

右側のX-rayは手術後28か月くらいのX-rayで、中のプリサイスを全部いたあとのX-rayです。

どこを延長したか分かりにくいくらいです。

 

운동능력회복7

手術前後のX-rayを比べてみましょう。

太もも5㎝を延長した場合、比率がどのような形でわるかにしてはこの方のX-ray前後を見たらわかります。

 

この方みたいに100%運動能力が回復された方もたくさんいらっしゃいます。

でも、このようなケスの方の動だけを見て「この手術したら必ず100%回復できる」と考えたらいけません。


운동능력회복8

先生が手術した患者さんを象にして究を進行し結果は

1.太ももが運動能力回復にはよりいい。

2.運動リハビリをしっかりしてる方が、たり前にもっと回復されてる。

3.延長の長さが短ければ短いほど運動能力回復がよくできる。

 

今日は身長手術後の運動能力回復がどうなるかにして明をしましたが、この方の場合は手術してから3年以上過ぎたケースです。

なのでみなさんが手術してから一年後に

「なんでいまだに全力疾走ができないんですか」と心配すると思いますが、時間がかかります。

骨を伸ばす手術は整形外科でももっと時間がかかる手術なので、

みなさんがこれをしっかり認知し、手術後にもコツコツと長い期間努力をすれば、この方みたいに運動能力回復が100%手術前みたいに回復できると言えます。