画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル


최동수님영상1

 

最近太腿と脹脛、両方とも延長したいという問い合わせを下さる方が多いです。

太腿と脹脛、方伸ばせる方法には色なプログラムがあります。

大きく3つに分けられますが、最大延長プログラム、連延長プログラムそして同時延長プログラムです。

このように色な方法で延長することになりますが、今日はその中で太腿と脹脛の同時延長についてお話します。

同時延長プログラムの長所は短期間で合計8cmから10cm延長することができます。

また、その他の長所としては、合計8cmから10cmほど延長した後でももっと理想的な比率に延長出

るという点です。
최동수님영상2

同時延長のケスを一つお見せします。

この方は、太腿と脹脛の2箇所を、短い期間で同時延長したいというケスでした。

の延長目標は合計8cm でした。


최동수님영상3


これが
EOSレントゲン写真ですが、体全体の比率が正確に現れます。

体全体の比率を正確に把握できます。

この像から、太腿と脹脛の比率、そして、身長にする脚の長さの比率も分析していきます

この方の本の目標は太腿4cmそして脹脛4cm、合計8cmを目標にして始めて脹脛から延長し、その後、太腿延長に進みました。


최동수님영상4

手術後2ヶ月半時点でのレントゲン写真です。

脹脛は5cmまで延長し、太腿は現在2.5cmですが5cmまで延長する予定です。

患者さんがリハビリも非常に頑張っていて、とても良い態ですので、本の計を修正して

合計10cm の同時延長を目標にしました。

は合計8cm延長の計でしたが、手術後本人の態とリハビリによってもうちょっと延長することができます。

とても重要なポイントです。

しかし、リハビリが全く出ていないとの延長目標の長さにも達しない可能性もあります。

なのでリハビリが非常に重要なんです。


최동수님영상5

水治療をしてる姿、水の中を子です

プリサイスで太腿と脹脛の延長をしましたので、水中できながらリハビリができます。

 




改めて、同時延長プログラムの長所を申し上げますと、短い時間で合計8cmから10cm延長することができて一箇所を延長するよりも、太腿と脹脛の比率を全体的に理想的な比率にすることができるという点がこの延長プログラムの魅力だと思います。

 

になる点がございましたら、コメントにしてください。