今日は脹脛延長術後の太さの変化についてお話します。

 

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル
종아리굵기1

身長手術をしたときに多くの方々が心配することの一つは脹脛の太さの化です。

身長手術で脹脛を伸ばした時、後で脹脛が元の太さよりもう少し太くなる現象をいいます。

そういう現象がどうして起きるのかと言えば、

骨折が起きたり骨が怪我したら新しい骨を作り出すために体が自ら血液供給をたくさんします。

でも、四肢延長術というのはとても長い期間が必要な骨を作る過程ですので、

とても長い間そこに血液供給が多くなるのです。

延長中にはいくらそうでも運動ができないから脚が細くなりますが、

それからまた正常的な活動をするようになると養供給をしてもらった細胞が大きくなり、

脚が太くなる現象が現れるのです。

確かに男性と女性の差があって、

男性ははっきりもっと太くなり女性の場合にはそこまでストレスになるほど太くなったという方はあまりいませんでした。

6㎝が目標でしたが5㎝にしたら、そんなに太くならないでしょうか?」と質問する方もいますが、そういうのはは意味がないと思います。

太ももを延長する場合は太ももが太くなることはありません。

何故なら太腿は筋肉が大きいので長い間活動をしないと筋肉が縮むためです。

そして、脹脛が太くなる現象を防止するため、せめてもの方法はとても伸縮性のいい医療用迫ストッキングを履くことでしょう。

それを手術してから約2年ぐらいは外に出かける時、活動をする時、履くようにめています。