Dr. Donghoonのブログ

「身長を伸ばす手術、O脚・X脚 脚長差の矯正」専門、韓国の整形外科医 李東訓(イ・ドンフン)博士の日本ブログです。

李東訓博士の診療や手術入院に合わせて、病院予約・日本語通訳・宿泊所などアレンジできます。ご連絡は info@drdonghoon.com まで、お問い合わせ下さい。

下肢不同(脚長差)でプリサイス太もも手術

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル
송희영님인터뷰1

脚長差(下肢不同)で左大腿をプリサイス手術し2.35cmの伸ばした方のインタビューと症例映像です。

 

송희영님인터뷰2

この方の場合は幼い頃に怪我をしてできた脚長差(下肢不同)です。

幼い時交通事故やそれともある原因によって骨端線が損傷を受けるとりの成長期間の間、ちゃんと成長できなくて片方の脚が短くなる場合があります。

この方はそういうケスでもちろん脚長差(下肢不同)には骨端線損傷のためにできる場合もありますが、何らかの理由もなくできる場合もあるしそれとも先天的な奇形、いろんな原因によって脚の長さは差があるかもしれません。

また他の原因は最近人工節をしながら人工節の手術を受けた脚が長くなるのも最近人工節をたくさんやるので原因になれます。

この方は2.5cmの差なので多くはありませんが、太腿でできた脚長差(下肢不同)でした。

この方のレントゲンを見ながらご明いたします。

 

송희영님인터뷰3

これは手術前の全身レントゲンですが、このレントゲンは体全体を撮ったレントゲンです。

それで脚の方だけ大してみるとこちらに以前骨端線が損傷された痕跡があってそれでこちらの太腿の骨が短くなりました。

脚の長さが違ってこういう方は骨盤が傾いてこれで長い時間がつと腰が歪んで生活するため、時間がちながら腰の痛みが始まって後では腰の節炎がきます。

またこちらに力をたくさん受けるから股節の可能性もあるし膝も影響を受けます。

それで脚長差(下肢不同)はすべての節が影響される疾患と言えます。

 

송희영님인터뷰4

この方はプリサイスで手術しましたが、これが手術直後の姿で、その次に手術して6週目のときの延長が全部終わった態で、その次に11週がすぎ、約3ヶ月になってません。

骨がまだ100%元の態ではありませんが、けるようにはなって今日の皆さんがごになった動「あんなにびっこをひいてくかな」と考えるかもしれませんが、延長を終えてだんだん正常的にけるようになります。

 

太腿プリサイスの傷跡がどれほどできるのかになると思いますが、お見せします。

송희영님인터뷰5

これがプリサイスが入るための傷跡が2cmほど、2cmにもなってませんよね。

もちろんこれは者によって傷跡の大きさはそれぞれです。

イドンフン先生が出した傷跡はプリサイスが入るための最小限の傷跡だと考えればいいです。

傷跡が小さいからって手術が上手いとは言えませんが、最小限の切開で正確に手術できればそれが最高です。

太腿の長さの差をプリサイスで治療した症例をお見せしましたが、脚長差(下肢不同)治療はする前と後の人性が完全にわる治療です。

手術までにはびっこをひいて腰が痛くいろんな問題が多かった体が、治療後には完全に正常的にる本にいい治療方法があることを話しました。

今まで本にたくさんの脚長差(下肢不同)を治療してきたし、また現在も当院で脚長差(下肢不同)でプリサイス治療を受けている方が本多いです。


近位脛骨切骨術

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル近位1

O脚とX脚でられる方は、見た目は同じO脚、同じX脚のように見えても、

際にレントゲンを撮って診察をしてみると、人によって全然違います。

例えば、脹脛の骨が曲がってO脚になった方もいらっしゃるし、太腿の骨が曲がってO脚になった方もいらっしゃるし、または太腿の骨が回して、いわゆる回転変形というねじり棒のように曲がっている方もいらっしゃるし、または脹脛の骨が曲がった方、こういうのが全部混ざって拗じられたり、角度が曲がったり、本に色曲がった脚、O脚、X脚があります。

では、皆さんが最もよくご存知のO脚の治療法である近位脛骨切骨術というのは何かと言えば

近位は頭に近い方で、脛骨は脹脛の骨なんです。

脹脛の骨の近位部を斜線方向にして骨を切って開いて角度をえる手術です。

で、近脛骨切骨術は一番よく行う手術でもありますが、代わりに曲がった脚を手術する上で一番簡な手術方法がです。

一番簡な手術方法ですが確かに限界もある手術です。

近脛骨切骨術は一言で言えば骨が曲がるな原因の中で、ここの角度だけ曲がった時に使える、それだけを矯正できる方法なんです。

では、先に僕が申し上げたように、脚が曲がるのは曲がったり、角度が回したり、な原因があると言いました。

曲がった脚の原因がこのように多なので治療方法も然多でしょう。

曲がった脚の手術をする上で最も重要なことは個人の曲がった脚の形がどこからどのように曲がっているのかを正確に分析すること、それが第1段階で、第2段階は正確に矯正してそれに合う手術法で治療することが最も重要だと言いたいです。



反復性膝蓋骨脱臼

슬개골1

画像引用:李東訓骨延長再建病院公式ユーチューブチャンネル


反復性膝蓋骨、「臼」という言葉通り節が外れるのです。

際に膝蓋骨臼は意外にかなり多いです。

膝の節をから見たら、蓋骨という膝蓋骨が前にあります。

とても重要な骨です。
슬개골2

膝の節の中の一つですが、太腿の節と節になっています。

膝を曲げて伸ばす時、下がってから上がるんです。

そのため、太腿の骨のこの部位の上でだけ動かなければならないんですが、

膝蓋骨臼はこの部分の上で動かず、外に外れてしまうのです。

それでは、どんな場合にこのような現象が起きるのでしょうか?

サッカやバスケットボルをしていて、すごく力な力を受けて

傷つけられ、一け出す場合があります。

これを外傷性臼と言います。

このような場合には非常に激しい痛みが伴って非常に腫れて動けないんです。

反面、この節をんでいる組織がすごく柔軟で骨もよくけるような形をしていて

大きな力を入れなくてもすっとける方がいます。

このような方節の形も簡けるようになっており

節をんでいる組織も過度に柔軟なケスが大体です。

酷い外傷、サッカをしてたのに脚が曲がってけてしまったという時は、節自体がけ出して非常に大きな力を受けてしまいます。

それで軟骨が折れたり、骨が怪我したり、こんなところが破れたりします。

このような場合に、どのような症を感じるのかといえば、一ものすごく酷い痛みを感じて、痛みが酷すぎて他のことは全然記憶できない場合も多いです。

または、自分の膝が外れるのががたっと感じられたという人もたくさんいます。

こんな場合に注意しなきゃならないことは、病院でも診を逃す場合が結構あるってことです。

外れても膝を伸ばせば入ってきて病院に行く時はすでに膝蓋骨が入っている態になるので

心を持たなければ、後で見されることも度あります。

それで、このような反復性膝蓋骨臼の人はの軟部組織がどれほど柔軟かによって

また、骨の形がどれだけめない骨の形かによってけ出す程度が決まります。

それが酷い人ほど簡け出したり、また痛みもあまりありません

そしてこんな方は「ああ、またけた」と思ってどのようにすればこれが入るのか、動作もよく知っています。

そしてける時、とても辛くて痛いけどよくけてしまう方もたくさんいます。

で、このような膝蓋骨臼は膝蓋骨がどれだけよくけ出るかという本人の要素によって症も違います。

痛みが酷かったり、あるいはガタってけるのを感じる人、幼い頃からよくけてた人、こういう人はそれ自体を認知できないこともあります。

今日は膝蓋骨臼になった時、どんな症が現われるかにしてご明をしました。

膝蓋骨臼は脚の節が正常に作動できるとても重要なメカニズムなので

反復性膝蓋骨臼の方必ず原因を分析して再しないようにになる確率が最も低い治療を受けることが重要だと思います。


記事検索
訪問者
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
LINE読者 QRコード
LINE読者登録QRコード